読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三年間保証がついているし割安なのもネット通販ならでは

萌子です、ロシアが日本を重視している背景も決して極東開発といった経済要因に限定されない。
14年のウクライナ危機後、欧米との関係が悪化する中で、ロシアは必要以上に中国傾斜を余儀なくされた。
そこでロシアは中国のジュニアパートナーにならないためにも、インドやベトナム、そして日本との関係強化を図りながら、戦略的なバランスをとる必要に迫られている。
プーチン大統領が11月30日に承認したロシア連邦対外政策概念には、アジア太平洋地域の安全保障のため日本との善隣関係を構築すると 記されている。
日ロ関係は経済協力のみが進んでいるという印象があるが、13年の日ロ共同声明に基づき安全保障対話も進められている。
日ロ外務・防衛担当閣僚級協議は13年11月に実施された後、第2回会合は実現していない。
しかし日ロ両国の安全保障会議事務局による戦略協議から、海上自衛隊ロシア海軍による共同訓練に至るまで、様々なレベルでの協議・交流は続けられている。
ウクライナ危機の前から、ロシア側はこうした日ロ間の安保対話に前向きだ。
トランプ新政権の誕生で米ロ関係が改善に向かえば、さらに進展していくことが見込まれる。
ロシアの軍事戦略を記した軍事ドクトリンでは外国からの領土要求はロシアにとって軍事的危険と記されている。
北方領土国後島と択 捉島には3500人のロシア軍が駐留している。
しかも両島の間に位置する国後水道は、冷戦時代からロシアが内海とみなすオホーツク海から太平洋に向けた軍艇の重要な出入り口となっている。
領土の返還交渉が進展した場合、米軍や自衛隊が駐留しないようロシア側が求めてくることが予想される。
さて、気になる話題で今日のブログは終了します。
剣道防具の面・胴・垂については三年間保証がついているし、もし三年が過ぎていても、更に、他社製品であっても修理を請け負ってくれます。
これは剣道を愛し、商品に自信を持っていなければできないことですよね。
手に取って選べないというネット通販の最大のデメリットも、これなら安心してお買い物ができます。
年代別、サイズ別のセット販売は勿論、小手や胴、竹刀など単品の商品も種類豊富な中から選ぶことができますし、お値段が割安なのもネット通販ならではです。
剣道防具の面

マンション総合保険の保険料を下げるうえで60%くらいに抑える選択肢がある。

萌子です、日新火災海上保険が昨夏から扱っているマンションドクター火災保険はマンション管理士による診断の結果、メンテナンスが良好であれば保険料が20~30%ほど下がる。
築30年、219戸のマンションで試算したところ、給排水メンテナンスが皆無の場合、保険料は主に賠償責任部分が膨らみ、年間約250万円になる場合がある。
一方、過去15年間に給排水管のメンテナンス工事をしていたり、国土交通省ガイドラインに準じて作成した長期修繕計画に工事の予定があったりすると、保険料は約88万円 下がるという。
これまでの契約件数の6割を占める築30年以上のマンションに限ると、保険料の割引率は約25%に達している。
ここにきてメンテナンス状況を保険料の査定に反映する仕組みが業界全体に広がりつつある。
東京海上日動火災保険は4月、マンション総合保険のリスク診断割引の判定項目を増やし、管理が良好なマンションの保険料を抑えた。
漏水リスクに関しては漏水による保険金の支払いが過去3年で1戸当たり0.06件未満という項目を新設。
過去15年以内に給排水管を取り換えたり、サビを落とす工事をしたりしていれば、さらに保険料が下がる。
損害保険ジャパン日本興亜も来年1月以降に保険期間が始まる契約から、無事故割引を導入する。
1年間、保険金の支払いがゼロな ら火災保険料を約20%下げる。
他社との契約で1年間無事故だったマンションにも割引を適用する。
マンション総合保険の保険料を下げるうえで、火災などの基本補償にも見直しの余地はある。
万が一、マンション共用部分が全焼しても保険金だけで再建築できる付保割合100%の契約の場合、これを同60%くらいに抑える選択肢がある。
最後にこんな情報をお伝えします。
また、ネットショッピングでランキング1位というのも、それだけ効果があるのかなと思えました。
調べていくと、この『ドルチボーレ』は徹底的に水にこだわっていると言うのです。
ベビーソープの主成分は水であり、地下水の汚染などが全くない状態の場所、自然環境が残された雷山の高地で採水された水を使用しているそうです。
しかも、一度も加熱処理されていない非加熱天然水「天使の希水」を100%使用して作られた赤ちゃん用のボディソープ。
ベビーソープ

今回の税制改正で効果がどこまであるかは疑問符?

萌子です、専業主婦の世帯が80年の1114万世帯から2014年には720万世帯に減る一方、共働きの世帯は614万世帯から1077万世帯に増えた。
専業主婦の世帯が当たり前だった50年ほど前にできた配偶者控除の仕組みは、社会の実態に合わなくなっている。
オランダなどの欧州各国は90年代から税制改革を経済活性化につなげた。
非正規雇用の拡大などで若年の低所得層が増え、経済の成長基盤が弱くなっていた。
税額控除を導入し、税で共働きと子育て を後押しする改革に取り組んだ。
日本の税制が抱える問題は配偶者控除だけでない。
企業に属さずに働くフリーランサーは増えている。
会社員にだけ適用する給与所得控除を見直し、誰でも使える基礎控除を拡充すれば働き方に中立的な税制になる。
基礎控除の相当額は英国が約180万円、フランスは約140万円。
日本の38万円と比べ数倍だ。
税の世代間の不公平も放置されたままだ。
年金受給者は公的年金等控除によって、現役世代より手厚い税軽減を受けられる。
日本は高齢者の反発を恐れて議論すら進まないが、ドイツは日本の公的年金等控除にあたる制度を無くす方向で検討している。
年収106万円や130万円には社会保険料の支払いが発生する壁が存在する。
今回の税制改正で103万円の 壁が崩れても、効果がどこまであるかは疑問符が付く。
欧米では税と社会保険料負担を一体でとらえ、一定の所得に達するまで負担を軽くする勤労税額控除と呼ばれる仕組みで保険料の壁に対処する。
税と社会保障を一体で改革する視点も、政府・与党の議論から抜け落ちている。
与党の税制改正大綱には税額控除方式の導入など抜本改革への方向性が盛り込まれたが、11月下旬からの税制改正のプロセスでは具体的な議論を素通りした。